進撃のゆとり世代#ブログ

ゆとりが社会に対して進撃していくブログ

2000年代 代表漫画はデスノートとドラゴン桜

どうも!ポルコです。

 

今日は僕の愛してやまない「漫画」について

書いていきます!

 

 

f:id:Yutori1379:20171126183643j:image

 

 

 

 

ちなみに1番好きな漫画はONE PIECEです。

 

 

 

普通ですね笑

 

 

小学2年から集めてたんで、思い入れも強いです。

 

それが日本で1番人気漫画になったのはほんまに嬉しいです。

 

 

 

漫画好きと言っときながら、めっちゃマイナーな漫画とかは読まないんですけど、

人気作品は大体読みますね。

 

 

僕の世代のジャンプ作品代表のONE PIECENARUTOBLEACHを始めとして、

 

シャーマンキングHUNTER×HUNTER、東京喰種、いぬやしきゴールデンカムイベイビーステップNANA、リアルetc…

 

 

人気作品ばっかやな笑

 

 

 

でもこれだけの作品が人気になるって日本はほんまに漫画大国ってこと思い知らされますね。

 

 

そして、ここから僕の持論なんですけど、

 

 

80年代の漫画代表作はDRAGON BALL

 

 f:id:Yutori1379:20171126183805j:image

 

 

90年代の漫画代表作はONE PIECE

 

 

f:id:Yutori1379:20171126183859j:image

 

 

 

2000年代の漫画代表作は 

 

 

 

 

 

 

 

DEATH NOTE

 

 

f:id:Yutori1379:20171126184039j:image

 

 

ドラゴン桜

 

f:id:Yutori1379:20171126184053j:image

 

 

 

 

なんですよね笑

 

 

一応、その漫画の第1話が掲載された年代で分けてみました。

 

 

 

NARUTOって意外と1999年なんですよね。

 

2001年くらいと思ってました笑

 

 

 

前2つは発行部数とかで決めてしまったんですけど、

 

2000年代は「色」で決めました。

 

 

赤色とか青色とかの色じゃなくて

 

その漫画が持つ個性?的な意味合いです。

 

 

 

 

明らかに違うと思いません?笑

 

 

それまで人気になる作品って

 

冒険!スポーツ!バトル!

 

って感じのTHE少年マンガ!が人気作品として知れ渡ってたと思うんですけど、

 

 

 

 

ノートに名前を書いたら死ぬ

 

いつも全国模試で1位の高校生がそのノートで犯罪者を裁く

 

新世界の神になることを目指す

 

それを阻止する天才探偵のL

 

天才vs天才

 

 

f:id:Yutori1379:20171126185239j:image

 

 

 

もう一方は

 

元暴走族から弁護士になる

 

その弁護士が偏差値30代のバカ高校の生徒を東大合格に向けて指導

 

学校じゃ教えてくれない社会について

または大切な事を率直に教えてくれる

 

勉強する大切さを実感しつつ生徒も成長する

 

 

f:id:Yutori1379:20171126185559j:image

 

 

 

2010年代の代表作は全然思いつきません笑

 

 

 

でもこの2作品が漫画の幅を広げたんじゃないかって思うんですよね。

 

僕が単に知らないだけかもしれないですけど。

 

 

 

 

 

新たな切り口って感じがしますよね。

 

こういうエンターテイメントもあるんだ!みたいな。

 

スキマ産業を巧くついてるなって感じます笑

 

 

 

デスノートは多分、ジャンプで連載して良いものかどうか編集部の会議でも賛否両論起こったと思うんですよね。

 

明らかに色が違いますし。

 

 

でも連載することに決めたジャンプに拍手送りたい。

 

違うことするってパワー入りますもんね。

 

そして最近また映画化したり、ドラマ化したり息の長い作品にまで成長してますし、

大成功ですよね。

 

天才vs天才っていうアオリもワクワクするものがありますし、

 

内容の質もめっちゃ高いですよね。

 

 

 

 

 

f:id:Yutori1379:20171126191245j:image

 

 

 

 

↑鳥肌立たない人いない説

 

 

 

 

 

 

ドラゴン桜

それまでは「東京大学」って聞くだけで、

 

 

勉強の才能ある人しか無理

 

昔から勉強してきた人しか無理

 

特別な人しか行けない大学

 

 

 

みたいなイメージだけで決めつけてた部分があったと思うんですけど、

 

東大の受験テクニックについて桜木先生が色々教えることによって

 

あれ?意外といけるんじゃないか?

 

みたいな

 

その気にさせるだけでも凄いですよね笑

 

イメージだけで決めつけずに、しっかり知ることの大切さが分かる。

 

 

 

 

大きい事をしようとしたら、絶対と言っていいほど批判する人いますよね。

 

 

東大受験したこともないのに。

 

 

大きい事してるなんて1番本人が自覚してるし、

 

本人のやる気削ぐし、

 

不安を煽るだけやし、

 

  

 

 

 

1番の天敵よね。

 

 

 

 

批判してる人はその人の為を思って言ってるんやろうけど、

 

 

大きなお世話になってるケースが多いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FX始めたって言ったら、

 

全く知識ないのに やめとけ って言う人がなんと多いことか笑

 

 

 

 

大きい事をしようとしてる人は

やっぱり応援してあげるべきやと思うんですよね。

 

まあ中には口だけの人もおるんやろうけども。

 

 

例え失敗したとしても、

 

やらない後悔よりはやってから後悔した方が良くないですか?

 

 

 

夢持ってる人がおったとしたら

 

少なくとも批判は心の中に秘めておいて、

賛成も否定もしないっていうスタンスを貫くべきやと思います。

 

 

と言いつつ僕も大きい事には否定的なスタンスでおったんですけどね笑

 

最近になって考え方は変化しました。

 

人間って変わる部分もあるんですね。

 

 

 

まあ何が言いたいのかというと

 

 

 

 

 

 

新世界の神になりたい。