進撃のゆとり世代#ブログ

ゆとりが社会に対して進撃していくブログ

【就活&転職者必見!】製薬業界・MRという最強職。

どうも!ポルコです。

 

 

f:id:Yutori1379:20171130192619j:image

 

 

 

今回は製薬会社のMRとはどういう職業か?

ということを現役MRの僕が詳しく書いていきます。

 

特に就活生・転職活動をしている人の役に立てていただければ幸いです!

 

後で見やすいように修正したり、新しい情報が入り次第更新していきますので、

ちょくちょく見に来てください笑

 

 

 

1.医療・製薬業界について

 

世の中にはIT、商社、食品、金融、不動産と様々な業界があります。

その中でも医療・製薬業界はかなり特殊な業界と言えるのではないでしょうか。

 

僕が思う最大の特徴は景気が左右されにくいという点です。

 

世の中の景気が悪くなると、節約を意識してしまう消費者が多くなるので、

全体的に消費が落ち込む傾向にあります。

働いている人は特に「昔の方がボーナス良かった!!」と感じたこともあるかと思います。

 

しかし、医療・製薬業界に関してはあまりそのようなことは起こりません。

 

 

「今は不景気だから、内科に行くのはやめとこう。」

 

「子供がインフルエンザに罹ったけど、不景気だから病院行こうか迷うなぁ。」

 

「恐らくスポーツが原因で関節に激痛走ってるけど、医療費節約しよう。」

 

っていう人はいないかと思います笑

 

 

日本は高齢化も相まって、この業界は安定的な成長を遂げています。

さらに景気の影響を受けにくいので、かなり魅力的な職業と言えるのではないでしょうか。

 

 

 f:id:Yutori1379:20171130192434j:image

 

 

 

 

 

 

2.年収が高い

 

最大の強みと言っても良いのではないでしょうか笑

「MR 平均年収」で検索するとすぐにわかると思います。

 

MRの平均年収は680万~720万くらいです。

MRに限らず、製薬業界の年収は高いです。

外資系の製薬会社となるともっとバラつきに幅が出ると思います。

 

他の業界は500万円〜600万円の範囲が多いです。

 

 

20代後半MRの平均年収は430万~480万と言われているんですけど、

僕も思いっきりこの範囲の中にいます笑

 

30代MRは500万~600万

 

40代MRは600万~700万

といったように、年代が上がるごとに平均年収も100万ほど上がる感じです。

 

頑張って仕事して、昇進すればもっと上がります。

恐らく平社員のデータなので。

 

 

大手の製薬企業(武田薬品、アステラス、大塚製薬など)になると

平均900万〜1000万円とかになってくるので

上記のデータより全然貰えます。

 

目指す価値は大いにあります。

 

 

 

「特にやりたい仕事がないなぁ。」

 

「お金があれば何でもいいや」

 

っていう人は是非目指してみてください笑

 

 

お金は人生を充実させるために絶対必要なものです

 

 

年収が高いと

 

ローンが組みやすかったり、

 

高い服やモノが買えたり、

 

合コンでモテやすくなったり、

 

貯金が溜まるスピードが速いから結婚資金すぐに溜まったり

 

投資の運用資金が溜まりやすかったり、

 

かなりの付加価値が付いてきます。

 

これは多くの人にとって、魅力的なものではないでしょうか。

 

 

 f:id:Yutori1379:20171130192805p:image

 

 

 

 

 

 

2.福利厚生が充実している

 

製薬業界は利益率が高いこともあり、福利厚生が充実している会社が多いです。

 

特に家賃補助日当が凄い!

 

 

僕の所属している会社は2割自己負担で残りの8割を会社が負担してくれています。

 

10万円の家に2万円の家賃で住めます笑

 

キング・オブ・中堅といった感じの僕の会社でこれなので、

多くの製薬会社はこれくらい出してくれると思います。

 

また、日当は平均的に1日3000円くらい貰えます。

月にすると6万円ほど

年にすると70万ほど貰えるって凄いですよね笑

 

またこれは会社にもよると思うんですけど、

土日も完全に休みで有給取得率も高いと思います。

 

お金はあるのに休みはないって悲しいですもんね笑

 

休みとお金で充実した人生を送りましょう!

 

 

 f:id:Yutori1379:20171130192825j:image

 

 

 

 

 

 

 

4.自分で自由にワークスタイルを決められる。

 

これもMRならではの特徴だと思います。

 

 

MRの仕事の自由度は内勤者を10とすると500くらいあります笑

 

基本的には車で直行直帰なので朝早くに会社に行くことはありません。

資料作成するためにちょこっと寄ったりするだけで後は社外です。

 

これが何を示唆するかお分かりですか?

 

朝早くから電車に乗らなくていいんです。

 

神すぎる。

この特徴だけで1記事書ける。

 

これだけでMRになる価値ありますね。

 

僕の営業スタイルは

朝 卸に訪問

朝~昼 車でパソコン

昼 開業医or薬局訪問→昼飯

昼~夕 病院or薬局訪問

 

っていう感じです。

 

時には

 

朝~昼 寝てる

 

の時もあります。笑

 

そして特別なことがない限り、18時には家に帰ってます。

15時に帰ってる時もあります。

 

 

 

クズすぎて笑うしかない。

 

 

まあ本当に自由な職業なので

 

月曜~金曜まで20×5日の力で頑張るのもいいですし、

月・火で100までやって残りの曜日は0にするのも自由です。

 

全部、正解です。

 

やればやるほど営業スキルとしんどさ・辛さのレベルは上がりますし

サボればサボるほど社内外の人の警戒度合と楽さのレベルは上がります笑

 

 

社内エースになるのも社内ニートになるのも正解だと僕は思います。

 

 

 f:id:Yutori1379:20171130192912j:image

 

 

 

 

 

 

 

5.価格交渉しなくて良い

 

 

MRは価格交渉をしません。

 

実際に価格交渉をするのはMS(卸の人)です。

 

ゆえに、MRは純粋に製品知識やPRに集中することが出来ます。

 

しかし、これはかなり他の営業に比べると特殊なスタイルなので、

MRから他業界に転職するとなると少し不利になるかもしれません。

 

他業界からMRはあまり問題はないんですけどね笑

 

実際に僕の会社にも、

元保険会社の人、元不動産会社の人、元証券会社の人がいたりします。

 

別の製薬会社MRでしたっていう人もいます。

 

でもあまりMRから別業界に行きますっていう人は見たことないんですけど、

どうなんでしょう? いるんですかね?笑

 

価格交渉はしないという特徴は楽な部分もあり、微妙な部分もあります。

 

 

 

f:id:Yutori1379:20171130193010j:image

 

 

 

 

 

とりあえず5つほど特徴を書いてみました。

僕はどちらかと言うと良い職業だと思うのですが、どうなんでしょう?

 

また後日にこの記事に特徴を加えたり、

別の記事で「MRになるためには!」とか「MRの嫌なところ!」など

MRシリーズは増やしていこうと思ってます。

 

興味のある人は是非チェックしてください!